身近にあるもので太ももバレエエクササイズ

太ももは、ウエストや背中に並んで、女性の痩せにくい場所ランキングに選ばれています。スカートを履けば隠れてしまうし、ワイドパンツを履けばシルエットも気にならなくなる、というファッションでカバーできる場所であることも原因の一つです。

そんな諦めがちな太ももですが、わざわざ気合を入れなくても、家事をしながら、仕事をしながら簡単にエクササイズできる方法があります。

これは、バレエダンサーでも基本的なトレーニングに組み込むほど効果があるもので、痩せるだけでなく形の良い美脚になれること間違いなしです。

使うものは、両膝の間が空いているО脚気味の人は、クッションやタオルハンカチなど幅のあるもの。真っ直ぐに近い人は紙1枚で結構です。

座った状態でも立ったままでもできます。膝の間に紙やハンカチを挟みます。この時、膝だけではなく両かかとと親指の付け根もしっかりくっつけます。

座っている場合は、浅く座り頭を天井から吊られているようにイメージして、姿勢を正して行いましょう。立っている人は、お尻を引き締めて、お腹が反らないように気を付けてくださいね。

まずは鼻から息を吸います。口からゆっくり息を吐くと同時に、お尻、膝、かかとの順番に力を入れます。息を止めないように気を付けてくださいね。

脚は腰から生えています。腰回りを同時に鍛えることで、美脚への道は近づきます。フラミンゴの様に細長い1本脚をイメージしましょう。

もちろん何かをしながらではなくても大丈夫です。その時は、姿見を前にして行いましょう。腰に手を当て、同じ様に紙やクッションを挟んだら、その場で呼吸を整えます。そして鏡を見ながら真っ直ぐ腰を落とし、紙が落ちないように膝を曲げます。

息を吸い、吐きながら元に戻します。5回繰り返して1日に2セット行いましょう。もちろん初めは2,3回から始めてもOKです。

初めはクッションしか挟めなかった人も、1か月2か月と続けることで、コピー用紙1枚が軽く挟めるようになりますよ。

バレリーナの脚は細いだけではなく、まっすぐで美しいことが魅力の一つです。そんな脚になって、思いっきり脚を出してもっとファッションを楽しみませんか?
momo10

 

細く魅せるにはバストの大きさもポイント
足を細くみせるにはバストの大きさも大事なポイントとなります。
バストが大きければギャップで足は細くなり、スタイルのいい身体になります。バストが大きいと身体の線が太く見えるという人もいますが、違います。それは単純に身体が太いだけなのです。
バストを大きくする方法としてはバストアップサプリやマッサージ、豊胸手術があります。

一番のおすすめはサプリメント
バストを大きくしたいと思った人はバストアップをするのが一番のおすすめです。特におすすめなのがサプリメントです。身体の中に成分を入れるので効果が自然に一番感じられるでしょう。

どのサプリがいいかわからない人はバストアップサプリ ランキングで検索すると見つかるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>